神戸養蜂場 > ブログ > はちみつ 美容 > はちみつボディーソープ。
2019年08月30日(金)

はちみつボディーソープ。

食べても美味しいはちみつですが、高い保湿性などからボディソープとしても大人気です。
ハニーボディーソープとして、数百種類以上のものが販売されています。
今回は、はちみつを使って作るボディー石鹸もお伝えします!

【人気の秘密】

はちみつボディーソープは2つの嬉しい特徴があります

<香り>
はちみつボディーソープは、はちみつの甘くていい香りが強く入っています。お風呂上がりにずっとはちみつの香りが続くなんてとってもくつろげるひとときですね。はちみつボディーソープの芳しい香りをいちど嗅いでしまうと、他のボディーソープでは物足りなくなるかもしれません。それほど素敵な香りなのです。

<保湿>
はちみつが加わることで、泡がより濃密になります。はちみつをボディーソープとして使うのは、ベタつくイメージがあるかもしれません。しかし、反対で肌がしっとりとし、さっぱりとした感覚を味わうことができます。

肌がすぐカサカサになってしまう人や敏感肌の人に特におすすめ。洗い流すと程良い潤いが残るのでなめらかな肌を保ってくれます。

液体石鹸

【石けんの種類】

液体石鹸と固形石鹸の2種類があります。

≪液体石鹸≫
香りが強いです。ボディタオルなどで簡単に泡立てやすく、使いやすいのが特徴です。様々な種類があり、配合されている比率など自分に合ったものを選びやすくなっています。

≪固形石鹸≫
ほんのりとした自然の香りです。はちみつが配合されている割合が高く、洗い上がりによりしっとりとした感覚です。泡立てネットに入れてよく泡立てましょう。

石鹸

【自分だけのハンドメイド石鹸】

はちみつのボディーソープ(固形)をハンドメイドすることができます。自分で作った石鹸は愛着がわき、また不純物が入っていないので安心して使うことができますね。冷やしたり少し時間はかかりますが、完成したときの喜びはひとしお。電子レンジで簡単にできるので、休日などにチャレンジしても楽しそう!

≪材料(石けん1個分)≫

・クリアソープ 50グラム
・はちみつ 大さじ2分の1(純粋はちみつを使ってください)
・電子レンジ対応容器
・ソープの型(好きな形に!卵のパックでもかわいいです)

≪作り方≫

①クリアソープをサイコロ状に細くカットします。容器に入れて、15秒ずつチンして溶かします。15秒ごとに溶けているか確認しましょう。

②液状に溶けたクリアソープに、はちみつを加えてしっかりと混ぜてください

③割ばしやスプーンなどでゆっくりと混ぜます。絶対に泡だて器などは使わないでくださいね。

④型に流し込み、常温で1時間!
完全に固まっているか確認できたら、完成です。

≪ポイント≫
気泡が入るので泡を立てないようにゆっくり混ぜましょう。ワンポイントが欲しい場合は、型に流した時にハーブなどを沈めましょう。透明になるのできれいに見えます。

手作り石鹸

まとめ

はちみつボディーソープは、市販で販売されているものと手作りできる物があります。

また、はちみつの香りが好きな人に人気が高いです。ボディーソープを使った後、さらにはちみつのクリームを塗る方もいるほどです!はちみつボディーソープを使ってハッピーなバスタイムにしてみましょう。