サイトからの新規会員登録&ご購入でお試しサイズのはちみつプレゼント!

ブログBLOG

はちみつ 効果・効能

2017年07月29日(土)

貧血対策にはちみつ!

月経や妊娠により血液が失われやすい女性は男性よりも貧血になりやすいといいます。

貧血予防におすすめの食品はいろいろとありますが、はちみつもその中のひとつです。

はちみつを効果的に利用して貧血対策をしてみましょう。

 

貧血対策に利用したいはちみつ

貧血を予防するためには、毎日の食事から適量の鉄分を摂ることが理想的です。

はちみつ100gには約0.8mgの鉄分が含まれています。

砂糖・甘味類の中で最も高いのは黒砂糖ですが、100gあたりのカロリーを比べると、はちみつが60calほど少ないため美容や健康が気になる方でも使いやすいでしょう。

はちみつには鉄分を効率よく吸収できるよう手助けするビタミンCも含まれています。


貧血予防におすすめのはちみつは?

はちみつの鉄分は種類によって含まれている量が異なります。

貧血対策として特に良いとされるはちみつはそばと栗です。

 

蕎麦は初夏から秋にかけて花を咲かせます。

そばのはちみつは小さな白い花からイメージできないほど黒い色と独特な香りが特徴です。

欧米ではジンジャーブレッド作りによく利用されています。

 

 

栗の花が咲き始めるのは6月頃です。

栗のはちみつも黒っぽく、一般的なはちみつよりも強い香りがします。


はちみつの上手な摂り方

はちみつに含まれる鉄分はマグロや牛肉の赤身など動物性の食品に含まれるヘム鉄よりも吸収率が低い非ヘム鉄です。

はちみつはビタミンCが豊富な食物と一緒に取るとより鉄の吸収効率を上げることができます。

その他、ヘム鉄の多い食品を調理する際の味付けなどに使っても効果的。

調理器具を鉄製のものにするとさらにたくさんの鉄分が摂取できます。

煮込み料理などにはナスの漬物や黒豆の色付けに利用する鉄たまご等を利用しはちみつとのダブル、トリプルパワーで貧血対策をしてみましょう。

 


 

蕎麦や栗のはちみつのように少々クセの強いタイプのはちみつは栄養価が高いとわかっていても敬遠してしまいがちです。

そのまま利用するのが難しいときは、レシピサイトなどを参考にしながら普段の食事やおやつに取り入れていきましょう。

苦手な場合は、好みのはちみつを工夫して使いながら鉄分を取り貧血の予防や対策をしてみてください。