サイトからの新規会員登録&ご購入でお試しサイズのはちみつプレゼント!

ブログBLOG

はちみつ 種類

2019年08月20日(火)

ハゼはちみつをご紹介

ハゼノキをご存知でしょうか。

秋は紅葉の美しさが特徴で公園でよく見かけますが葉に触れるとかぶれるので注意が必要です!

初夏にクリーム色のかわいらしい小花が咲かせます。

どんな香りや味なのでしょうか?

ハゼノキ


ハゼの木】

ハゼの木は、ウルシ科ウルシ属の落葉小高木です。

温暖な地域に自生し、木蝋を採取する資源として江戸時代ごろに琉球に持ち込まれました。

俳句の世界では、秋に紅葉する櫨紅葉(ハゼモミジ)と詠み秋の季語になっています。

木蝋

木蝋は、ハゼの実から採取できます。別名Japanese Waxと呼ばれるワックスで、西洋でワックスと言えば、蜜蝋を使いますが、日本では、主に木蝋がつかわれてきました。

力士の髷を結うときにも使われていました。

しかし、明治以降になると石油を使用したパラフィンワックスが流通し、その安価さから、木蝋の流通が減ってしまいました。

ウルシ科であるため、樹液でかぶれる人もいるので、さらに採集する人も減ってしまっているのも流通が減ってしまった原因になります。

ハゼの実


ハゼノキの花】

花言葉は真心で、誕生花としては、11/16です。

開花時期は、5月から6月になり、秋には、葉が紅葉します。


ハゼはちみつとは】

ハゼの花から採れるはちみつで、さっぱりとした後味の国産はちみつです。

ほんのりと樹の香りがして中国茶やジャスミンティーを思わせるようで、緑茶のような渋みがあります。

【オススメの食べ方

さっぱりとした後味ですので、どのような食べ方にも合います。

特にオススメの食べ方は、飲み物の甘味料としてお召し上がりいただくことです。

ハーブティーや紅茶に混ぜて飲んだり、ヨーグルトに混ぜて香りを楽しむのも、オススメです。

 


【まとめ】

ハゼはちみつは、国産で、さっぱりとした後味や樹の香り、緑茶のような渋みが人気のはちみつです。甘味は強いですが、後味がさっぱりしているので、食べやすく、紅茶やヨーグルトに混ぜてもしつこくなく、美味しく召し上がれます。

トーストなどに塗るのもオススメです。