サイトからの新規会員登録&ご購入でお試しサイズのはちみつプレゼント!

ブログBLOG

はちみつ 種類

2019年08月20日(火)

レワレワはちみつをご紹介

レワレワをご存知でしょうか

先住民族マオリの間では「太陽の木」として崇められているレワレワ。

ニュージーランドの森によく生育し細くて、夏になるとかわいらしい真っ赤な花をつける高木です。
どんな味がするか想像つかないですよね!


レワレワの木】

スイカズラと呼ばれる木ですが、英名では、ハニーサックルと言われます。

主として、北島の中部および北東部の渓谷や山間部、南島の最北部・マールボローサウンドに自生しています。樹高およそ30メートル、幹の直径1メートルにもなる、円錐状の木です。

開花時期は10月から12月(夏)花びらがなく、筒状の真っ赤な花が花蜜になります。

花は木の上部に密集し、小鳥の媒介で受粉します。


レワレワはちみつとは】

ニュージーランドのスイカズラと呼ばれるレワレワの花から採取されるはちみつです。最も美しいと言われる茶褐色をしています。

甘味と酸味が絶妙で、女性に人気のはちみつになっています。水分含有量が多いので、シルクのように滑らかです。

2年に一度しか採集できない繊細で貴重なはちみつになっています。

レワレワはちみつの効果

レワレワはちみつには、アンチエイジングに効果があるといわれています。他のはちみつに比べ、活性化水素や抗酸化物質が非常に多くふくまれていると言われています。

ブルーベリーなど同様に抗酸化物質が多く含まれているので、目にもいいと言われています。

【おすすめの食べ方】

パンなどに塗ったり、料理の香りづけにつかったり、砂糖の変わりに使ったりするのがオススメです。

はちみつをめの粗いで、ろ過するので、花粉がすべて取り除かれることはありません。そして、低温で精製することによりクリーム状になります。

パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりする際、クリーム状の方が使いやすいからか、クリーム状の方が高評価を受けいています。


【まとめ】

2年に一度しか採集できない、貴重なはちみつです。ニュージーランド産ということもあり、日本ではあまり流通していません。しかし、アンチエイジングなど、特に女性におすすめの効果があります。クリーム状のレワレワはちみつは、キャラメルのようになり、パンにも塗りやすくオススメです。

すっきりとした味わいの中に花の香りがして、口当たりもいいはちみつです。