サイトからの新規会員登録&ご購入でお試しサイズのはちみつプレゼント!

知っておいてほしい、お子様とはちみつのこと

はちみつがどうして1歳未満の赤ちゃんに禁止なのか?というのがよくわからないという人もいますよね。そんな人のために1歳未満の赤ちゃんに、はちみつがダメな理由について紹介します。

はちみつは1歳を過ぎてから

1歳未満児の体というのはまだまだ未発達です。腸内の様子も大人とは全く違います。消化吸収の機能も未熟で、菌などを処理することが出来ないのです。はちみつにはボツリヌス菌という菌が含まれています。この菌は大人であれば、腸内に入っても消化して無くすことができるのですが、1歳未満の赤ちゃんは腸内が未発達なので消化させることができません。
そのボツリヌス菌が入ってしまえば、菌がどんどんと成長して増殖して毒素を出します。このようになると、乳児ボツリヌス症という病気になったということになります。小さな体の赤ちゃんが病気してしまうと、身体に大きな負担がかかってしまいます。なので、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えないようにしましょう。

1歳を過ぎた赤ちゃんとはちみつ

1歳を過ぎた赤ちゃんにとって、はちみつは「命を脅かす危険な食べ物」ではなく、「健やかな成長に欠かせない栄養満点な食べ物」へと変化します。1歳を過ぎた赤ちゃんにはちみつを与えると、脳の発達を促したり、殺菌効果など様々な効果や効能が得られるようになります。
ただし、1歳を過ぎたからといっていきなり大人と同じ分量のはちみつを与えるのではなく、少しずつ食べさせるようにしてください。また、赤ちゃんの成長を促すためにはちみつを与える場合は、生はちみつを与えるのがポイントです。はちみつは40℃以上で加熱してしまうと、含有されている栄養成分が失われてしまうため、はちみつを食べさせても健康に関する効果や効能が得られなくなってしまいます。ヨーグルトやパンに塗ってたべるようにしましょう。

売れ筋ランキング